1日2回が基本大豆の摂取でお肌も身体も美しく

その効果は更年期の女性にだけではない

大豆に含まれるイソフラボンが女性の健康と美容をどれだけサポートしてくれるのかは、実際に漠然としたイメージしかない人も多いようです。女性ホルモンが足りていないときに弱いながらもその働きに似た役割をしてくれて、その一方で乳がんや子宮ガンなどのリスクを高める女性ホルモンの過剰な働きも抑制してくれます。つまり、大豆は女性ホルモンの調整に役立つ食品だと覚えておきましょう。また、大豆からは3代栄養素がバランスよく摂れて、鉄分をはじめとしたミネラルと食物繊維なども豊富に摂れる万能食品ですから、更年期に限らず、あらゆる年代の女性に効果的とえるでしょう。

ムリやムダをなくして効果的に

大豆食品を効果的にとりいれていくには、1日2回を念頭においておくことが大事でしょう。1日に何グラムといった量ではなく回数を意識すると習慣化しやすくなります。また、自然とバランスのいい和食のメニューが増えて、動物性食品や油の摂取量も軽減できるのが利点でしょう。大方、一般に販売されている大豆の製品は1日に必要な摂取量の半分くらいになっています。例えば、納豆1パック、豆腐3分の1丁という具合なので、単純にそれを2回とればクリアできるでしょう。

摂取を2回にわける理由とは!?

一度にたくさんの大豆を食べてしまうと、イソフラボンの血中濃度が一気に上がって、その後一気にさがります。血中イソフラボンは約6時間から8時間で半減して、女性ホルモン同様の効果を期待するなら体内で一定の濃度を保つように、こまめに摂取しましょう。外食時やおやつの時に取り入れたりすれば、徐々にペースができます。また、ソイファーストといった、食事のはじめに大豆を食べるようにすると、食物繊維の効果で血糖値の上昇が緩やかになりますし、腹持ちがいいので、しっかり食べたような満足感がえられるので、食べ過ぎを防げてダイエット効果も期待できるでしょう。

品川美容外科の訴訟について詳しく

Category: 未分類

- 2015年6月19日